3月15日 日経平均、反発で始まる 上げ幅100円超、円安を好感

再生時間:00:10:12

15日の東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比89円71銭高の2万1376円73銭。上げ幅はその後100円を超えた。外国為替市場で円相場が1ドル=111円台後半で安定し前日に比べてもやや円安・ドル高水準で推移していることが好感され、自動車や機械など輸出関連株に買いが先行している。不動産や陸運など内需株も堅調だ。

その他のニュースはこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch/?utm_source=tw_news