12月21日(金) 日経平均、続落で始まる 下げ幅100円超 円高で輸出株に売り

再生時間:00:08:24

21日の東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった。始値は前日比82円08銭安の2万0310円50銭だった。前日の米株式相場が大幅続落し、投資家心理が弱気に傾いている。外国為替市場で円高・ドル安が進行し、自動車や電機など主力の輸出関連株に売りが優勢だ。下げ幅は100円を超えた。

その他の動画はこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch?utm_source=youtube&utm_medium=yorituki