12月20日(木) 日経平均、続落で始まる 米株急落を嫌気、ソフトバンク売り気配

再生時間:00:08:43

20日の東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった。始値は前日比207円99銭安の2万779円93銭。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記者会見を受け、19日の米株式相場が急落。世界的な株式売りの流れが日本にも波及している。ファストリやファナックなど値がさ株が下落して始まった。前日に新規上場したソフトバンク(SB)は売り気配で始まった。

その他の動画はこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch?utm_source=youtube&utm_medium=yorituki