1月25日(金) 日経平均、反発で始まる 上げ幅100円超、先物主導の見方

再生時間:00:09:39

25日の東京株式市場で日経平均株価は反発して始まった。始値は前日比24円01銭高の2万0598円64銭。その後上げ幅は100円を超える場面があった。前日まで3日続落していたこともあって、株価指数先物に海外の短期筋とみられる値幅取り狙いの断続的な買いが入ったとの見方があり、日経平均を押し上げている。ファストリやファナックなど主力の値がさ株を中心に上昇している。

その他の動画はこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch?utm_source=youtube&utm_medium=yorituki