1月23日(水) 日経平均、続落で始まる 米株安を嫌気 米中協議への期待も後退

再生時間:00:09:49

23日の東京株式市場で日経平均株価は続落して始まった。始値は前日比169円47銭安の2万0453円44銭だった。世界経済の減速懸念を背景に休場明け22日の米株式相場が大きく下げ、投資家心理が悪化。貿易問題を巡る米中協議の進展への期待も後退し、中国関連や半導体関連といった景気敏感株に売りが先行した。業種別では、鉱業や石油の下げが目立つ。

その他の動画はこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch?utm_source=youtube&utm_medium=yorituki