1月16日(水) 日経平均、買い先行も下げに転じる 一時100円安 主力株に利益確定売り

再生時間:00:09:44

6日の東京株式市場で日経平均株価は前日比20円43銭高の2万0575円72銭と小幅高で始まったが、間もなく下げに転じた。下げ幅は一時100円を超す場面もあった。英議会が15日に英国の欧州連合(EU)離脱案を否決したのは「予想通り」との受け止めが多く、15日の米株式相場の上昇を受けて日本株にも買いが先行した。もっとも、前日までの2営業日で400円近く上げており、ホンダやTDKなど主力株への利益確定売りが足元では優勢だ。ファストリが前日の大幅安に続いて下落しているのも重荷となっている。

その他の動画はこちらから→https://channel.nikkei.co.jp/m/watch?utm_source=youtube&utm_medium=yorituki